あなたが抱える英語の悩みは「英語が話せない・自分の英語が文章にならない・・・」という事ですか?
それならば是非サンフレンズ英会話オンラインに取り組みましょう!!

当校のレッスンは私達日本人が苦手な「英語コミュニケーション能力」を向上させるためにこだわり抜いてデザインされています。
約1,000種類ほどあるトピックの中から、レッスン毎にお好きなトピックを会員様に選んで頂き、それに基づいた会話練習を講師がご提供致します。(トピックは日々新しいものが追加されて行きます!)

当校のレッスン最大の特徴は「間違った所を講師がわかりやすく/細かく修正してくれるから、なんと言えば正しい英語だったのか明確にわかる」という点です。

リンク当校のレッスンで学べる事

 

 

 

レッスントピックとは?

当校のレッスンでは、毎回のレッスン冒頭で、ひとつ「トピック」を選択して頂きます。
(講師の画面を共有してトピック選択)
1つのトピックにつき、5から10個の英語で書かれた質問が用意されており、講師がそれらを質問し、貴方が英語で答えるといった流れになります。
□基礎会話トピック(初心者向け)
□カルチャー
□教育
□環境
□飲食
□ライフスタイル
□旅行
□スポーツ
□ビジネス(上級向け) 

など様々なセクションに分かれており、その中から更に細分化されたトピックをご選択頂きます。

例)スポーツのセクションからトピックを選ぶなら
○サッカー
○テニス
○バスケットボール
などといったトピックがございます。

*初心者の方には「基礎会話トピック(初心者向け)」からトピックを選択する事を強く推奨しております。

当校はこんな貴方にオススメ!

・欧米ネイティブ講師と英語を学びたい方
・英語を話す機会を確保したい方
・自分のペースでストレスなく英語を学びたい方
・日常生活で英語を話す時間を手軽に作りたい方
・スピーキング力を伸ばしたい方

 

1コマ25分だから空き時間に合わせやすい

忙しいスケジュールの間に英会話ができ集中力を保てるよう、1コマ25分のレッスンを受講いただけます。
レッスンはチケット制となりますので、50分のレッスンをご希望の場合は、2コマ連続でレッスン予約することも可能!
他社様にはない柔軟な学習環境にご満足いただいております。

1,000種類以上ある豊富なレッスンテーマ

当校では、「旅行・アート・家族・スポーツ」など1,000種類以上あるトピック(教材)からレッスン毎にお好きなものを選択して頂き、そのトピックを題材に講師と実践対話形式の英語コミュニケーションを行います。
もちろんもし「フリートークを楽しみたい」という場合は、講師にリクエスト頂いてもOK!講師が生徒様の英語力に合わせ、間違った箇所、より良い表現などを細かくアドバイスします。

毎レッスンで講師からのフィードバック

レッスンの中で皆様は講師からたくさんの質問をされ、それに英語で答えます。
1つ目の質問が終わったら、間違った箇所などを細かく修正→そして2つ目の質問に進む→そしてまた間違った箇所を修正するというループ構成になっています。
間違っている英語は、講師から指摘されないと間違い自体に気がつく事が出来ず、いつまで経っても修正出来ません。
当校では「発音、表現、文法、語彙」などの側面から講師が必ずフィードバックを即時細かく行います。

欧米ネイティブ講師が多数!

他社様の格安オンライン英会話といえば、人件費を抑えるために講師がネイティブでは無い事がほとんどです。
当校ではオーストラリアやアメリカ、イギリス、ニュージーランドと言った英語ネイティブ圏出身の講師、または欧州出身の講師が多数在籍しております。
どの講師のレッスンを受講してもOK、お気に入りの講師のみからレッスン受講もOKです。

WiFiが安定でストレス最小化

他社様のオンライン英会話では講師が通信インフラが整っていない国から接続しているため、回線が不安定だったり速度が遅くてストレスが溜まりがちですが、当校の講師は日本国内在住または、カナダやオーストラリアなど先進国在住です。
WiFi回線も比較的安定しており、スムーズで快適なレッスンを受講して頂けます。
*お客様がご利用のWiFi環境にも左右されます。

レッスン中に活用できる今までにない豊富な機能

サンフレンズ英会話オンラインでは、対面レッスンを上回る学習サポート機能をご利用いただけます。
音声録音機能で発音の復習に活用、ホワイトボード機能の活用、教材ファイルを共有、メッセージ機能でスペルの確認などテクノロジーを活用したスマートな学習をお楽しみいただけます。

レッスンで利用できる豊富な機能

・スケジュールボタンをクリックでレッスン開始
・ZOOMを使った画面共有でGoogle Street View
・音声録音機能を発音強制など復習に活用
・ホワイトボード機能
・チャットメッセージ機能でスペルの確認
・教材ファイルを共有